2012.11.05

xamppで複数ドメインを扱う

xamppで複数ドメインを扱う場合の設定です。
稀によく使うけど忘れやすいのでメモ

(続きを読む…)

2012.06.04

wordpressでfancybox

wordpressでfancybox(jQueryの画像ポップアッププラグイン)を使います

(続きを読む…)

2012.05.17

jQueryで自動目次作成

jQueryでヘッダーを読み込んで目次を作成します。
ネットにあるサンプルを自分のwordpress用に少し改変。

→長い文章でのサンプル

(続きを読む…)

2011.11.09

【wordpress】CSVImporterプラグインを使って、記事を一括取り込みする

CSVImporterは、Wordpressに記事データを一括取り込みするためのプラグイン

参考:
○LINK:WordPressの一括投稿と重複削除のプラグイン | おっさんにできるかな?Webプログラミング!!( http://aki789.6.ql.bz/?p=64
取り込むエクセルのフォーマットやセル内容は↑を参考

取り込む際の注意点としては

・文字コードをUTFにする
・1記事1行にする
・各セルの内容を「”」で囲む

対処法

・Office2003で「タブ区切り」テキストとかに出力すると、Shift-JISで出力されるので注意する。UTFに保存し直す。
・本文に改行があるほうが普通。改行を
に変換する
・セルの内容によって、各要素の両端にダブコテ「”」がつく場合とつかない場合がある。一旦全部とっぱらって付け直すという方法で回避

具体的な手順

エクセルに各記事を流し込む

エクセル側で本文中の改行を→「
」に変換する。改行の検索は、検索窓で「Ctrl+J」。本文以外の部分で「
」が入ってないか検索確認する。

「タブ区切りテキスト」を出力

UTF対応エディタ(秀丸)で、まずUTFで保存しなおす!(忘れがち)

既存のダブコテを一旦全部とっぱらう
タブに隣接するダブコテ消す
「\t\”」→「\t」
「\”\t」→「\t」

行頭・行末に隣接のダブコテを消す
「^\”」→「」
「\”$」→「」

ダブコテをつけていく。
ダブコテつきカンマ
「\t」→「”,”」

行頭・行末にダブコテつける
「^」→「”」
「$」→「”」

最後の行は「改行」で終わること。

UTFを確認しつつ保存

CSVImporterで読み込む

2010.05.11

サイドバーを編集してウィジットに対応させる

右サイドバーをいろいろいじろうかと。カレンダーとかあまり要らない気がしたので。
いまいったん何がしたいのか洗い直してみようかな。とも思ったけど、まやりたいことやるか。

ウィジットってなあに?から調べる

http://wpcms.jp/180/

…ふむふむ。

ウィジットってどんなもんがあるのかしら

http://tekapo.com/st/wp/widgets/

http://12-09.net/archives/knowledge/342

http://www.wembley.jp/webdevelop/wordpress-plugin-recommend20.html

ウィジットとプラグインの区別がよくわかりませぬが、プラグインは外から導入する全てのもの、ウィジットはサイドバーに表示させる仕組みを持つもの、という解釈でよろしいかしら。

ウィジット対応させる

http://www.syuhari.jp/blog/archives/209

こちらで過不足なく追加できました→sidebar.phpの修正とfunctions.phpの作成。

テーマ元サイト様へのリンクだけ残しておく
<ul>
<?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar() ) : ?>
 // ここにデフォルトのサイドバーの内容を書く
<?php endif; ?>
</ul>
<ul>
       <li><a href="http://www.koikikukan.com/"><img src="<?php echo get_settings('home'); ?>/wp-content/themes/koikikukan3/images/koikikukan.gif" alt="koikikukan" title="koikikukan" width="128" height="22" /></a></li>
</ul>

2010.05.06

Advanced Category Excluder 特定カテゴリの記事を表示・非表示

メモ書きやtwitterを気兼ねなくポスト・書きためていきたいが、ごっちゃりしそうなのでTOPページには「Article」エントリだけ表示させたい
→特定の記事を非表示にするプラグインがあるらしい。

 

○LINK:WordPress › Advanced Category Excluder « WordPress Plugins

http://wordpress.org/extend/plugins/advanced-category-excluder/

 

結果的に同じ。PHPをいじらないといけないかと思ったけど、非常にカンタンにすんだ。

○LINK:[ Advanced Category Excluder ] 特定カテゴリを非表示にする WordPress プラグイン | Bowz::Notebook

http://bowz.info/1944

○LINK:【WP】特定カテゴリの記事を非表示にする。Advanced Category Excluder || Ange*Blanc

http://angeblanc.net/2008/06/15/advanced-category-excluder/

nextAction
  • twitterポスト

2010.04.22

秀丸「マークアップ用」マクロと、アウトライン機能のカスタマイズ

20111023-現在この方法では編集してないので意味なし。
秀丸マクロの途中経過ということでメモ。

はじめに

アウトラインエディタで記事作成

秀丸でのアウトライン解析を【なるべく】活かしてマークアップした文章に

労を少なくしてブログなりWebページなりを作る。

…という目的を達成するために、秀丸マクロをカスタマイズする。

まずは偉大な元マクロ制作者さんのサイト
○LINK:hail2u.net – Weblog – HTMLマークアップ秀丸マクロ for blosxom

http://hail2u.net/blog/coding/html_markup_hidemarumacro_for_blosxom.html

すばらしい。じゃこれを自分が使っているアウトラインの仕様にあわせてカスタマイズします。
仕様随時カスタマイズ中だけどキリがないので一旦まとめておく。

自分用の設定

変換ルール

使用前 → マクロ処理後
HTML特殊文字(&,",<,>,') → 実体参照(&amp; &quot; &lt; &gt; &#39;)に
行頭に■ → <h4>
行頭に□ → <h5>
行頭に「・」(黒点) → <h6>
行頭にタブ + 「・」 → <h7>
行頭にタブ + タブ + 「・」 → <h8>
行頭にタブ + タブ + タブ + 「・」 → <h9>
行頭に# → 画像挿入。タブで区切ってalt、width、heightを指定可能
行頭に-(ハイフン) → <ul>開始、以降-が途切れるまで<li>を挿入
行頭に+ → <ol>開始、以降+が途切れるまで<li>を挿入
行頭に:(コロン) → <dl>開始、以降途切れるまで<dt>を挿入。同じ行の2番目に出てくる「:」以降を<dd>に
行頭に半角空白 → 途切れるまで<pre>で囲む
通常 → wordpressは勝手に<p>で囲んでくれるし、一覧性が高いのでプレーンテキストのまま

秀丸のアウトライン解析設定

LV1 ■(変換「し」 → h4
LV2 □(変換「ろし」 → h5
LV3 ・ → h6(以降インデントの深さでレベルを決める

参考:
○LINK:むらログ: 秀丸エディターのアウトライン機能

http://mongolia.seesaa.net/article/40734068.html

マクロの書き換え

【秀丸マクロ】
(48行目付近)
	if (code == 0x2A) {
		right;

		if (code == 0x2A) {
			right;

			if (code == 0x2A) {
				backspace;
				backspace;
				delete;
				insert "<h6>";
				golineend2;
				insert "</h6>";
			} else {
				backspace;
				backspace;
				insert "<h5>";
				golineend2;
				insert "</h5>";
			}
		} else {
			backspace;
			insert "<h4>";
			golineend2;
			insert "</h4>";
		}
(60行目付近)
	} else if (code == 0x09) {
		delete;
		insert "<blockquote cite=\"\">\n<p>";
		#elNo = #elNo + 1;
		golineend2;
		insert "</p>\n</blockquote>";
		#elNo = #elNo + 1;

	(193行目付近)
	} else {
		insert "<p>";
		golineend2;
		insert "</p>";
	}

ここを書き換え


	【秀丸マクロ】
	(48行目付近)
		if (code == 0x81A1) {			//h4 ■
			right;
			backspace;
			insert "<h4>";
			golineend2;
			insert "</h4>";

		} else if (code == 0x81A0) {	//h5 □
			right;
			backspace;
			insert "<h5>";
			golineend2;
			insert "</h5>";

	////////////////////////h6以降のタブと・のマークアップ

 	} else if (code == 0x8145) {	//h6 ・
		right;
		backspace;
		insert "<h6>";
		golineend2;
		insert "</h6>";

	} else if (code == 0x09) {				//行頭にタブがある。
		right;								//カーソルを右に移動
		if (code == 0x8145) {				//「・」をチェック
			insert "<h6 class=\"h7\">";
			golineend2;
			insert "</h6>";
		} else if (code == 0x09){			//「・」がなかった場合、さらにタブチェック=2個目
			right;
			if (code == 0x8145) {				//「・」をチェック
				insert "<h6 class=\"h8\">";
				golineend2;
				insert "</h6>";
			} else if (code == 0x09){			//「・」がなかった場合、さらにタブチェック=3個目
				right;
				if (code == 0x8145) {				//「・」をチェック
					insert "<h6 class=\"h9\">";
					golineend2;
					insert "</h6>";
				} else if (code == 0x09){			//「・」がなかった場合、さらにタブチェック=4個目
						insert "";
						golineend2;
						insert "";
				}
			}
		}

	/////////////////////////

	(60行目付近)
		} else if (code == 0x8184) {
			delete;
			insert "<blockquote cite=\"\">\n<p>";
			#elNo = #elNo + 1;
			golineend2;
			insert "</p>\n</blockquote>";
			#elNo = #elNo + 1;

	(193行目付近)
	} else {
		insert "";
		golineend2;
		insert "";
	}

このように書き換え。

動作確認

【マクロテスト】
・h6用のレベル
	・h7用のレベル
		・h8用のレベル
			・h9用のレベルテスト
				・h10用のレベルテスト
					・11用のレベルテスト
>引用テスト

【マクロ動作後】
<h6>h6用のレベル</h6>
	<h6 class="h7">・h7用のレベル</h6>
		<h6 class="h8">・h8用のレベル</h6>
			<h6 class="h9">・h9用のレベルテスト</h6>
				・h10用のレベルテスト
					・11用のレベルテスト
<blockquote cite="">
<p>引用テスト</p>
</blockquote>

※前後に改行がないとうまく効かないみたい。

秀丸マクロカスタマイズのための備忘録

参考:
○LINK:秀丸マクロの使い方:秀丸マクロのレストラン

http://hidemacro.gtx.jp/help/howto.htm

書き換えのための命令
right;は「カーソルを右に」
insert "<h6>";で文字を挿入

もちろんこれだけではマクロが作れるわけないけど、目的は達したのであとはおいおい。

文字コードを書き換える

検索する文字は文字コードで指定する。

code    カーソル位置の文字コードを表します。 2バイト文字の場合は2バイトのコードを返します。例えば全角空白の場合は0×8140になります。 フリーカーソルモードの時に、カーソルが改行文字より後ろに位置する場合はcodeの値は0になります。 改行文字の上の場合は0x0Dになります。(改行コードがCR/LF/CR+LFのいずれであっても0x0Dになります) ファイルの最後の[EOF]の上の場合は-1(eofという定数と同じ値)になります。 (秀丸マクロヘルプより)

文字コードはSJISで指定する。

※実際に編集中のテキストの文字コードには関係なく、Shift-JIS の文字コードを返します。

○LINK:第III部~秀丸マクロのいろはにほへと 秀丸マクロで文字列を編集する

http://homepage2.nifty.com/jr-kun/hidemaru_qa/3_string.html#CODE

ASCIIコードの参考

○LINK:ASCIIコード表

http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/c_sub/ascii.html

【ASCIIコードの例】
タブ文字	0x09
*	0x2A
+	0x2B
SJISのコード参考

○LINK:Unicode対応 文字コード表

http://ash.jp/code/unitbl21.htm

【SJISコードの例】
■	81A1
□	81A0
・	8145
>	8184
これから&そのほか
「○LINK」以降もなんかマークアップしたい。
<p>&nbsp;</p>はコピペツールから手動で入れて、任意改行とする。
リンクを追加。WPの自動リンク付与プラグインとの兼ね合い検討。

○LINK:リンクを追加する秀丸マクロ-insertA.mac-[to-R]

http://blog.webcreativepark.net/2007/04/09-143540.html

○LINK:JavaScript++かも日記: 【jQuery】HTMLを書くだけで自動的にアンカー目次を作成してくれるscript

http://jsgt.org/mt/archives/01/001792.html

Zen-cogingなんかも興味ある。
○LINK:ブロガーにもおすすめ!「秀丸でZen-coding」がやっぱり便利な件 – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

http://www.ideaxidea.com/archives/2010/04/hidemaru_zen_coding.html

・引用、H6などのデザイン整形
おいおい研究ということで。

 

に関しては、秀丸マクロのほうに代わりになる記号を入れておけばいいんじゃないかしら。それこそbrとか。または3行以上の改行のみが続く場合はnbspを入れておくとか。。。

2010.04.15

WordPressデザイン編集続行

ふーむ。さてデザインをどうやっていじっていくか。

やっぱりDreamWeaverさんの力を借りよう。

 

手順

style.cssと同じ階層に、styleCheck.htmlというページを作る。

既存のWordPressのページからソースを全部styleCheckにコピペする。

絶対パスで本番style.cssにリンクされているので、ローカルのstyle.cssに直す。

これで一応編集できるな。

右カラムが回り込んじゃってるけどまあいいや。

 

デザイン編集メモ

Firebugさん曰く:

h2…メインのタイトル部分
h3…Trackback URL、Comment & Trackbackなどなど。p class=date、日付部分と似たデザインになってらっしゃる。ここ別に地味でいいよね。

 

h4以降は自由に使ってもいいかしら。…と思ったが!

 

h7以降はweb標準ではないようです。

h7、h8、h9とマークアップしても、同じ行に連なってしまう。

h6までがweb標準の「見出し」であるらしい。

 

○LINK:h7

http://suika.fam.cx/~wakaba/wiki/sw/n/h7$245

○LINK:h7以上の見出しをマークアップすることのことを考えてみる – Webtech Walker

http://webtech-walker.com/archive/2008/02/14171200.html

 

ふーむまいった。 h7{display:block;}とすればブロックレベルとして表示させることもできるけど、無理矢理すぎるかしらね。

<h6 class="h7">でいってみようかな。マクロにも手を加えておこう。

 

※liの入れ子の深さをもしかしてWPのビジュアルエディタさんがどうにかしてくれるか、どうにかならんかとおもったらやっぱりダメだった。

 

 

まとめ

やっぱりツールの力を借りたほうがいいね。。。ありがたいことです。

とりあえずテキストと近い状態で構造が把握できるように、インデントだけ効かせておく。

デザイン的なものはキリがないので、おいおい直していく。

 

 

今後

秀丸側のh7以降マークアップ直す。
・ついでに「○LINK:」にclass属性も与えてあげて。
・普通の文章に関してPで囲む必要ないかもしらんな。改行されるし。

 

 

サンプル

普通の文章です□□□□■

寿限無、寿限無
五劫の擦り切れ
海砂利水魚の
水行末 雲来末 風来末
食う寝る処に住む処
やぶら小路の藪柑子
パイポパイポ パイポのシューリンガン
シューリンガンのグーリンダイ
グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの
長久命の長助
じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのやぶこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ

□h5用のレベル
・h6用のレベル
・h7用のレベル
・h8用のレベル
・h9用のレベルテスト

h10以降のレベルテスト

 

 

 

記事イメージをつかむため、Wikipdiaさんから構造文書を引用させてもらおう。
—————————以降Wikipedia:マリオブラザーズより引用——————

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA

■ゲーム内容

土管から出現する敵キャラクターを床の下から突き上げて気絶させ、蹴り落として退治する。複数の敵をまとめて蹴り落とすと、敵の数に応じて得点に倍率がかかる。敵を一匹倒すごとにコインが1枚出現し下から突き上げる、もしくは触れることで回収でき得点が入る。ステージの敵を全て倒すと面クリア。面が進むほど難易度は上昇して行く。数面ごとにボーナスステージがあり、フィールド内に配置されたコインを集めるステージとなる。

エンディングはなく、ゲームオーバーになるまでひたすらゲームが続いていくループゲーム。PHASE 23以降、ステージ数はカウントされるがゲーム内容はPHASE 16~22の繰り返しとなる。

□POW

ステージの1段目にあたる床の裂け目には「POW」と描かれたブロック状の物体(通称「パワー床」)が浮遊している。パワー床は、下 から突き上げることでステージの床全体に突き上げと同じ効果を及ぼす。突き上げるごとにパワー床は薄くなってゆき、3回目の突き上げで消滅する。パワー床 は着地しているすべてのキャラクターに対して効果が及ぶため、非常に強力な攻撃手段となりうる。消滅したパワー床は通常ステージが変わっても復活すること がないため使用は慎重を要するが、2度目以降のボーナスステージ毎に復活する(2度目のボーナスステージはアーケード版、FC版共に面数が異なる)。

POWで消した火の玉は得点に加算されない。また火の玉に限り、床に接していなくても消すことが出来る。アーケード版では完成したつららをすべて落とすことができる(未完成のつららは破壊される)。

■2人プレイ

本作登場時、「1人100円、2人でも100円」というキャッチフレーズが書かれたポップの通り1コインで2人同時プレイも楽しめた(但し、店舗側の設定変更で2人用に2コイン必要とすることも出来る。プレイ料金を20~50円と安価に設定する店舗でこのような設定をされることが多かった。プレイに必要なコイン数はデモ中に確認可能)。敵キャラクターだけでなくプレイヤーキャラクター同士にも衝突判定が設定されており、それがゲーム上でも大きな意味を持つ。インストラクションカードには「協力するか、それとも裏切るか」と書かれており、異なる遊び方をさりげなく提示している。

それが示す通り、協力して敵キャラクターを倒して行くプレイと相手プレイヤーを妨害しミスを誘発させるプレイのどちらも可能である。この特徴は同社の『アイスクライマー』『バルーンファイト』『New スーパーマリオブラザーズ Wii』などにも存在する。

□対戦における主な相手の倒し方
  • * 気絶している敵を下から突き上げることで目を覚ますことを利用して、相手が敵を蹴り落とそうとする瞬間にその敵を突き上げる。これは基本技なだけに互いに慣れてくると警戒して成功しにくくなってくるが起こすのが間に合うかどうかの微妙な距離の場合や気絶している敵が3匹などの場合、相手も危険を冒してこれを強引に取りに来るのでその場合は成功する。
  • * 相手を突き上げて敵に当てる。
  • * 相手を押して敵や火の玉に接触させる。
  • * 高速移動するピンクガニを突き上げて、横に吹っ飛ばして相手に接触させる。
  • * 敵をジャンプで避けようとする相手に上から飛び降りて下の敵に接触させる。
    * 最上階に行った相手を2段目の中央で降ろさないよう阻止し下から攻撃する。
  • * 相手を踏みつけて約2秒間行動不能にする(判定はややシビア。また、相手がジャンプ中は踏みつけられない)。
  • * 死んで上部中央から再出現した相手に向かってジャンプし接触可能なタイミングを計って飛び蹴りをして下の敵に当てる。これはファミコン版のみでアーケード版では飛び蹴りをしても相手は落ちない。

などがある。

□対戦でのローカルルール

ファミコン版では両者ともに延命策を取ると半永久的に両者が画面端の安全地帯に居座って勝負にならなくなってしまう(アーケード版ではファイヤー ボールの当たり判定が大きいことと、ファイターフライが安全地帯に侵入する可能性があるためこのようなことはできない)ので点数を勝敗の判断基準にした り、どちらが早く2万点に達しエクステンド音を鳴らすのかを競うローカルルールがある。

また前述のPOWは対戦プレイにおいても非常に有効な攻撃手段であるためゲーム開始序盤で主導権を握るためPOWの取り合いになる、あるいは使用禁止にしたりゲーム開始直後に意図的に消してしまうなどの約束が子供たちの間で存在していた。

2010.04.10

WordPressのテーマをいじる。

なあにかえって免疫がつくから、シンプルなテンプレートを元にテーマ編集をしていこうと決めた。

 

こちらのテンプレートをインストールさせていただきました。

○LINK:小粋空間: WordPress テーマ(テンプレート)・3カラム版

http://www.koikikukan.com/archives/2007/02/05-000205.php

○LINK:小粋空間: WordPress テーマのカラムレイアウトを変更する

http://www.koikikukan.com/archives/2010/02/26-023456.php

 

せっかくDreamweverがあるので、これを利用できんのか、と思ってググる

○LINK:(6)Dreamweaverでテンプレートを編集する方法/後編

http://www.dougamanual.com/blog/129/744/e3475.html

・Firebugを使うと動的に生成されるページ(まさにwordpressとか)の検証に便利

・Firebugでスタイルに変更を加えてみる→納得したらDWでCSSを変更・アップ→更新して確認、という流れ。

・テーマはフォルダ毎複製してしまえばそのままバックアップになる。

・cssは(このテーマでは)style.cssに集約されている。→これだけ適度にバックアップとっておけばどんどんいじっていけばOK

…などが勉強になりました。

 

以下変更履歴
(続きを読む…)

2010.01.19

WordPressでソースコードをキレイに表示したい。「iG:Syntax Hiliter 日本語版」導入メモ。

ソースコードをキレイに表示したいなあと思って「iG:Syntax Hiliter 日本語版」プラグインを入れました。

(続きを読む…)

Next »