2012.05.17

jQueryで自動目次作成

jQueryでヘッダーを読み込んで目次を作成します。
ネットにあるサンプルを自分のwordpress用に少し改変。

→長い文章でのサンプル

Read more »

2012.05.15

wordpressでjQueryを使う

wordpressでJqueryを使う場合は、静的なHTMLとは違って、いくつか決まり事がある。メモ。

Read more »

2011.11.09

【wordpress】CSVImporterプラグインを使って、記事を一括取り込みする

CSVImporterは、Wordpressに記事データを一括取り込みするためのプラグイン

参考:
○LINK:WordPressの一括投稿と重複削除のプラグイン | おっさんにできるかな?Webプログラミング!!( http://aki789.6.ql.bz/?p=64
取り込むエクセルのフォーマットやセル内容は↑を参考

取り込む際の注意点としては

・文字コードをUTFにする
・1記事1行にする
・各セルの内容を「”」で囲む

対処法

・Office2003で「タブ区切り」テキストとかに出力すると、Shift-JISで出力されるので注意する。UTFに保存し直す。
・本文に改行があるほうが普通。改行を
に変換する
・セルの内容によって、各要素の両端にダブコテ「”」がつく場合とつかない場合がある。一旦全部とっぱらって付け直すという方法で回避

具体的な手順

エクセルに各記事を流し込む

エクセル側で本文中の改行を→「
」に変換する。改行の検索は、検索窓で「Ctrl+J」。本文以外の部分で「
」が入ってないか検索確認する。

「タブ区切りテキスト」を出力

UTF対応エディタ(秀丸)で、まずUTFで保存しなおす!(忘れがち)

既存のダブコテを一旦全部とっぱらう
タブに隣接するダブコテ消す
「\t\”」→「\t」
「\”\t」→「\t」

行頭・行末に隣接のダブコテを消す
「^\”」→「」
「\”$」→「」

ダブコテをつけていく。
ダブコテつきカンマ
「\t」→「”,”」

行頭・行末にダブコテつける
「^」→「”」
「$」→「”」

最後の行は「改行」で終わること。

UTFを確認しつつ保存

CSVImporterで読み込む

2011.10.23

Jquery練習用ファイルセット

Jqueryの練習用に基本ファイルセットを作っておきます。

新しいコードをテストしたい時に、
すごく初歩的なファイルセットを作っておくことで、
超基本的な動作確認をスキップできよう。

再配布するのはどうかなあということで非公開にしておく。

ファイル構造

  ├── css
  │     └── reset.css
  ├── js
  │     └── jquery-1.6.4.js
  └── main.html

ソースコード

HTML:
  1.     <head>
  2.         <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"/>
  3.         <title>Plane Jquery</title>
  4.         <link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/reset.css">
  5.         <style TYPE="text/css">
  6.             <!--
  7.                 .testCss { color: blue; }
  8.             -->
  9.         </style>
  10.         <script type="text/javascript" src="js/jquery-1.6.4.js"></script>
  11.         <script type="text/javascript">
  12.             $(function() {
  13.                 $('p').click(function() {$(this).css("color","red");});
  14.             });
  15.         </script>
  16.     </head>
  17.     <body>
  18.         <p class="testCss">クリックで文字色を変化</p>
  19.         <p>クリックで文字色を変化</p>
  20.         <p>クリックで文字色を変化</p>
  21.     </body>
  22. </html>

2011.09.09

QuickBox2Dの練習

ActionScript3自体、ライブラリを利用するということの練習。

Read more »

2011.06.06

PHPで同じディレクトリのファイルを一覧表示

ごくまれに、でも時々出番があるのでメモ。

素晴らしき参考元:○LINK:ディレクトリのファイルを一覧表示 - PHP/データベース

http://php.eweb-design.com/0206_di.php

 

 

HTML:
  1. <META http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=utf-8">
  2. <TITLE>files</TITLE>
  3.  
  4. <h3>右クリックして保存して下さい</h3>
  5.  
  6. <OL><LI>files<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>map<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>sandbox<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>scripts<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>test<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>upfiles<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>wp-admin<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>wp-content<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI>wp-includes<FONT size='-1'> (ディレクトリ)</FONT></LI><LI><a href=.//readme-ja.html>readme-ja.html</a><FONT size='-1'> (05/09, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//.htaccess>.htaccess</a><FONT size='-1'> (08/07, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//index.php>index.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//license.txt>license.txt</a><FONT size='-1'> (05/09, 17KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//googlea9e5edf34c31ad67.html>googlea9e5edf34c31ad67.html</a><FONT size='-1'> (04/19, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-activate.php>wp-activate.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//readme.html>readme.html</a><FONT size='-1'> (05/09, 13KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-blog-header.php>wp-blog-header.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-app.php>wp-app.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 39KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-atom.php>wp-atom.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-comments-post.php>wp-comments-post.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-commentsrss2.php>wp-commentsrss2.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-config-sample.php>wp-config-sample.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-config.php>wp-config.php</a><FONT size='-1'> (10/26, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-cron.php>wp-cron.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 3KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-feed.php>wp-feed.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-links-opml.php>wp-links-opml.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 2KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-load.php>wp-load.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 3KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-login.php>wp-login.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 27KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-mail.php>wp-mail.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 8KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-pass.php>wp-pass.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-rdf.php>wp-rdf.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-register.php>wp-register.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-rss.php>wp-rss.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-rss2.php>wp-rss2.php</a><FONT size='-1'> (03/01, 0KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-settings.php>wp-settings.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 10KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-signup.php>wp-signup.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 18KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//wp-trackback.php>wp-trackback.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 4KB)</FONT> </LI><LI><a href=.//xmlrpc.php>xmlrpc.php</a><FONT size='-1'> (05/09, 3KB)</FONT> </LI></OL>
  7. </BODY>
  8. </HTML>

2011.05.26

PHPでテキストファイル合体

たくさんのテキストファイルをPHPで結合しました。
やっていることはテキストファイルを読み込んで、一行づつ送り出してるだけです。
テキストファイル結合自体は、フリーソフトを使う方法や、コマンドプロンプトでもできるようです。
今後の処理のためPHPでやります。

※追記 これだとログファイルがでかすぎるとメモリエラーが出るので、追々改変。

PHP:
  1. //logフォルダにtxtを放り込んで実行
  2.  
  3.  
  4. $dirAddress = "./log/";
  5. $serchFileWorld = "txt";
  6.  
  7. $tinfo=date("Ymd_His")//時間情報
  8. $fn=sprintf("./bindLogs/bind-%s.txt",$tinfo);
  9. $fp=fopen($fn,"ab");
  10.  
  11. $fnLog=sprintf("./bindLogs/bind-%s-writeLog.txt",$tinfo);
  12. $fpLog=fopen($fnLog,"ab");
  13.  
  14. $cntFile=0;
  15. $cntLine=0;
  16. $cntIndiviFile=0;
  17. $cntAll=0;
  18.  
  19. $d = dir($dirAddress)//検索対象ディレクトリ指定
  20. while (($entry = $d->read())) {  //ディレクトリ検索
  21.     if(eregi($serchFileWorld,$entry)){    //ファイル名にtxtが含まれているか
  22.  
  23.         $cntLine=0;
  24.         $cntIndiviFile=0;
  25.  
  26.         $line=file($dirAddress.$entry)//該当ファイル読み込み
  27.  
  28.         foreach ($line as $l ) {
  29.             fputs($fp,$l);
  30.             $cntIndiviFile++;
  31.         }
  32.  
  33.         $sayLoadOK = $entry."    ----LOAD OK----    line is    ".$cntIndiviFile;
  34.         echo $sayLoadOK;
  35.  
  36.  
  37.         $cntAll += $cntIndiviFile;
  38.         $cntFile++;
  39.  
  40.         $sayNow = "    NOW    ".$cntAll."    <br />";
  41.         echo $sayNow;
  42.        
  43.         $saying = $sayLoadOK.$sayNow."\n";
  44.         fputs($fpLog, $saying);
  45.  
  46.     }
  47. }
  48. fclose($fp);
  49.  
  50. $d->close();
  51.  
  52. $reFn = "bind_file".$cntFile."_line".$cntAll;
  53.  
  54. rename($fn, "./bindLogs/$reFn.txt");
  55.  
  56. $sayAll = "\n"."\n"."<br />"."<br />"."$reFn"."<br />"."    ALL LINE is    ---------    ".$cntAll;
  57. echo $sayAll;
  58.  
  59.  
  60. fclose($fpLog);
  61.  
  62. $reFnWriteLog = $reFn."_writeLog";
  63. rename($fnLog, "./bindLogs/$reFnWriteLog.txt");

勉強になったところは「ディレクトリ全てに処理を行う」部分

PHP:
  1. $d = dir($dirAddress)//検索対象ディレクトリ指定
  2. while (($entry = $d->read())) {}        //ディレクトリ検索

また↓の部分をゴニョゴニョしたら、一行ごとにパターンマッチで条件分岐もできるはず。

PHP:
  1. foreach ($line as $l ) {
  2.             fputs($fp,$l);
  3.             $cntIndiviFile++;
  4.         }

2011.05.15

【word2003】コメント&変更履歴を全部クリア(反映済み)にする手順

社内での原稿コネコネが終わって、クライアントに見せるまえに、キレイな状態にする方法メモ。

・メニューバーの「表示」→「ツールバー」→「チェック/コメント」
・「×マークアイコン」の右側▼メニュー→「ドキュメント内のすべてのコメントを削除」
・「チェックマークアイコン」の右側▼メニュー→「ドキュメント内のすべての変更を反映」

コメントは削除するもの、変更は反映するもの。

2010.11.18

PowerPointにFlashを埋め込んだ場合の注意点

そもそもPowerPointにFlashを埋め込みする案件自体が珍しいけど一応メモ

画面クリックで再生する仕様のFlashムービーを、PowerPointに埋め込みしたが、
初期状態だとマウスオーバーでカーソルが変化しない(絵なのか判断しづらい)。
Flash部分を右クリック→プロパティで「Playing」プロパティを「True」にすると、カーソルが手のひらに変わるようになるが、
このプロパティ自体の保存で少々てこずったのでメモメモ。

プロパティが変わりやすい

FLASH部分のPlayingプロパティはスライドショー見るだけで、「False」になってしまいます。
(厳密には停止状態にしてスライドショーを終了すると)
(ムービー再生中にスライドショーを中段すればTrueのままだが普通はそんな風に見ないでしょう)

そのため他の図版や文字などを変更しないでも、保存のタイミングで「False」のまま保存されてしまうようです。

プロパティの保存が厳密に実行されない

ややこしいのが「上書き保存時、毎回プロパティの値も保存されるとは限らない」のが厄介なところです。
プロパティだけを「True」に変更したあと、上書き保存すると、なぜかプロパティの値は保存されていません。
(プロパティの変更は些末な変更と判断されているのか、PowerPoint/FLASHの仕様のせいかはよくわかりません。高速保存が怪しい)

「名前を付けて保存」をするとプロパティの変更も保存されているようです。

現状の回避方法

・編集者は
編集の最後、保存の直前に必ず全てのFLASH部分のプロパティが「True」になっていることを確認したあと、
【スライドショーを実行したりしないで】
「名前を付けて保存」すれば「True」のまま保存できると思います。

・閲覧者、利用者には
基本「読み取り専用」のファイルを渡すようにして、
(PPTファイルを右クリックしてプロパティ→読み取り専用にチェック)
(名前を付けて保存をするたびに設定する必要があるのがまた手間なんですが)

さらに
・(単純に)上書き保存をしないように伝えるか
or
・(PC操作に理解があるなら)前述のようにスライドショーの実行でプロパティの値が変わってしまう仕様を伝えて、留意してもらう
→スライドを2回動作するときはプロパティをTrueにもどしてくださいとか、スライドショー再実行時はファイルを開き直してくださいとか

のではどうでしょうか

2010.10.05

Gmailの個人的なバックアップポリシーを決めておく

添付ファイルやらでGmailの残り容量が

結構すぐ一杯になってしまうので、バックアップポリシーを決めとこう

今回の手順
バックアップソフトは「Gmail Backup」を使う

参考:

○LINK:GmailをローカルPCにバックアップできる『Gmail Backup』を試してみた - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

http://www.ideaxidea.com/archives/2008/11/gmailpcgmail_backup.html

任意のバックアップ用フォルダを作って、一度全部バックアップする

2007年以前

2008年

2009年

2010年

で各年ごとにDVDにでも焼いておくが、

【バックアップ用のフォルダとデータはそのまま維持する】

次回以降

「Newst emails only」にチェック入れて

1年に1回でもまた【同じフォルダに】ダウンロードする、その年のデータを保存。

メーリングリストや宣伝やら不要なメールを全部削除。

でいいんじゃないかな。まだ一度も壊れてないしね。

« Previous | Next »