«
»

2012.11.05

xamppで複数ドメインを扱う

xamppで複数ドメインを扱う場合の設定です。
稀によく使うけど忘れやすいのでメモ

バーチャルホスト(ドメイン)という機能を使って、xamppで複数ドメインを扱えるようにする。
普通xamppでは「http://localhost」とやってローカルサイトにアクセスするが、これだとひとつのサイトしか扱えない。
複数のサイトを作成/運用しようとする時、localhostの下位ディレクトリで作成することもできるが、ルート相対パスなどを扱えるよう、複数ドメインで作成できればなお好ましい。

扱うファイルは
C:/xampp/apache/conf/extra/httpd-vhosts.conf
C:/windows/System32/drivers/etc/hosts

のふたつ。

MAC-MAMPの場合は

sudo vi /private/etc/hosts
/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

xampp/apache/conf/extra/httpd-vhosts.confを編集

ソースコード

HTML:
  1. NameVirtualHost *:80 ←コメントアウト
  2.  
  3. (中略)
  4.  
  5. ↓こっから追記
  6. <VirtualHost *:80>
  7.     DocumentRoot "M:/xampp/htdocs/sandbox/local_hogehoge"
  8.     ServerName local_hogehoge
  9. </VirtualHost>
  10. <Directory "M:/xampp/htdocs/sandbox/local_hogehoge">
  11.     order deny,allow
  12.     allow from ALL
  13. </Directory>
  14. ↑ここまで追記
  15.  
  16. <VirtualHost *:80>
  17.     DocumentRoot "M:/xampp/htdocs"
  18.     ServerName localhost
  19. </VirtualHost>
  20. <Directory "M:/xampp/htdocs">
  21.     order deny,allow
  22.     allow from ALL
  23. </Directory>



既存のlocalhostを下に書かないとうまく反映されないことがあったのでこの順番で。

windows/System32/drivers/etc/hostsを編集

localhostの下に追記

ソースコード

HTML:
  1. 127.0.0.1       localhost
  2. 127.0.0.1       local_hogehoge


apacheを必ず再起動

忘れがち。
コントロールパネルからApacheをSTOP→STARTとして設定を読み込みなおす。
適当なindex.htmlファイルを置いて、「http://local_hohoge(httpから書こう」を叩いて、ウェブページが見えたら成功

参考

○LINK:windows7のXAMPPでバーチャルホストの設定をする - YATのBlog( http://wp.yat-net.com/?p=2400

Comment & Trackback

Trackback are closed.

No comments.

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。