«
»

2012.10.31

csvImporterとアイキャッチ画像

膨大な数のポストを一括流し込みしようとする際、とても手動で入力してられないのでcsvImporterを使おうと思っているわけですが、
アイキャッチ画像(記事ごとに関連づけられている画像)の処理が厄介です。
①メディアアップローダを経由しないので縮小サムネイル画像が作られない(=自作の必要)
②アイキャッチ画像はDB内部で記事IDとメディアIDが紐づけられているため、ただ記事内にリンクするだけでは表示されない(=別の手段を考える)。
この二点の当面の迂回策をメモしておきます。

■photoshopで正方形サムネイル作成

イメージプロセッサがてっとりばやいので、PDFを横800pxぐらいで一旦JPG化(アクションでPDF→画像化が難しそうだったので)。

画像が縦長と決まっていれば、

画像解像度、幅200px
カンバイスイズ、高さ200、縦の位置:上
保存
閉じる

なアクションを登録し、

バッチ↓
保存して閉じる↓
別名で保存コマンドを省略)

でOK。横長の場合はフォルダ毎アクションをわける。

■アイキャッチ画像またはカスタムフィールドで表示する

アイキャッチ画像の表示は全部カスタムフィールドで統一してもよいが、アイキャッチはアイキャッチで大変便利。
1件づつ登録する場合には標準のUIが使えるのが直感的で良いし、wpループに標準関数が用意されている点もメリット。
=アイキャッチが使えるところはアイキャッチで、且つ使えないところはカスタムフィールドで表示しておく。

□サムネイルがある場合はサムネイルを表示、なければsubEyeCatchを表示

subEyeCatchというカスタムフィールドを作る。
「<img src="http://hogee.jp/wp-content/uploads/ABeam_CPG_iPad_01-200x200.jpg">」
などサムネイル画像表示と書き込む

single-products.php
archive-products.php
taxonomy-products_tag.php
などの該当テンプレートの表示箇所に
(例)201210181646-クローズド_フォーマット.xls)

ソースコード

HTML:
  1. <!-- サムネイルがある場合はサムネイルを表示、なければsubEyeCatchを表示 -->
  2. <?php if (has_post_thumbnail()) : ?>
  3.     <?php the_post_thumbnail("thumbnail"); ?>
  4. <?php else : ?>
  5.     <?php echo post_custom("subEyeCatch"); ?>
  6. <?php endif; ?>


これでOK。

□感想・メモ

-ちなみにアイキャッチは和製英語で、元々はfetured imageという名前だそうだ。
(失敗)AutoPostThumbnailがアイキャッチの関連づけを行ってくれないか→やっぱりだめだった
(パス)Wordpressで生成されるサムネイルのファイル名をサイズではなく名前にするプラグイン「Thumbnail Changer」 →結局関連づけ行わないとダメっぽいからスルー
(却下)link.htmlをwp側にする→いちいちlink.htmlをactibookフォルダに入れなくて済む→いや固定ページを作らないといけないから労力一緒か。

Comment & Trackback

Trackback are closed.

No comments.

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。